フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 土曜閑話:スーパーのピーマンの話 | トップページ | 映画を、日本語吹き替えと日本語字幕で見たときに思ったこと »

2011年10月 3日 (月)

気になった記事など(2011年9月)

1年前くらいにやっていて、続かなかったシリーズ。
私がブックマークした、はてなブックマークの面白かった記事タグをもとに、
私独自の面白さを感じた記事、発見があった記事を紹介します。
あくまで私のツボであるのと、その時の考え事に左右されるものなので、ご了承ください。

http://www.muji.net/lab/living/110921.html
sun 人と自然 ―水生昆虫と魚とくらし― | くらしの良品研究所 | 無印良品

自然共生、自然に寄り添う生活は、こういった自然全体の「仕組み」を少しでも理解するところから始まります。痒いブユの例を見るまでもなく、人間にとって都合の良いことが必ずしも自然にとって良いこととは限りません。

共感します。「いい」のか「都合がいい」のか私はよく考えたりするので、「都合の良い」という言葉が使われていたことに、同じ感覚を持っている方が書かれたのだな。と思いました。
こちらは、無印良品のコラムシリーズです。

sun 幸福になるための3つのマインドセットチェンジ - モチベーションは楽しさ創造から
「幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論」という書籍の紹介とともに、幸福や成功について書かれているのですが、マインドセット(信念)チェンジについて触れられています。

「成功(成長)した結果としての果実として、幸福を手にすることができる」 という常識の破壊です。

幸福は必ずしも成功のご褒美というものではない。というのを改めて感じましたが、もし成功のご褒美が幸福であれば、私いつ幸福になりますのん・・・とおもってしまいます。いつでも幸福でいいと思います。周りからするとやや不憫に感じることもあるかもしれませんが、勝手にそんなこと思うなんて失礼です。成功しないからと言ってわざわざ不幸になる必要はないです。

***

sun 教師の心得 - bluelines

どんなことであっても、それをまだ知らない者にとっては難しい。これを繰り返し思い出しなさい。君は既に何かを知ってしまっているから、それが簡単に思えるのだ。

私は教師ではありませんが、母親なので娘に教えたいことがあります。
それは字を丁寧に書くことの理由であるとか、そういう些細なことですが、一言口でいえば理解してもらえるというものではないと感じています。それを理解してもらうためには、長い時間がかかるものだと思うので、伝わらないことに悔しさを感じますが、あきらめないで教えたいと思っていたときだったので、こちらの心得に、なにかグッときました。

自分がわかってしまっていることを、まだ知らない者にどうやって伝えればいいのかというのに心をたくさん使うようになったのは、娘が生まれてからなので、彼女がここにいることは、私にとっては大きな成長になっています。


***

sun 仏教どうでしょう?: 海までの道を歩いたロードストーリー的な思い出話

なんまんだぶの慈海さんの記事です。

その頃、人生で一番最初の大きな壁、どう考えても越えること何て絶対に無理と思えるような、蟻地獄のような状況に陥ってしまっていた私は、周りの状況や、"現実"という思い込みにとらわれて、やりたいことを押し殺して、できないことばかりを並べては、不幸だ不幸だと自分に言い聞かせていました。

あるある!と思うというか、私もこういった状況によく陥りがちで、記事の中でも書かれていますが、無理は自分でつくるものなんだなと改めて思いました。今までどれだけできたことをできないことにして、やらなかただろうか。と思うと、悔やまれます。無理が多い人生だと、できることが限られてきちゃいますね。

***

sun 選書しました (内田樹の研究室)

内田さんが、たのしみながら選んだ本、60冊がリストになっています。

私も、マルクスとレヴィ=ストロースは好きです。学生時代に触れたので崇拝してしまう面がありますが、10年たつと崇拝が熟成(発酵?)されてまた違った感触になっていくので、年をとったときのこういう熟成(発酵)を楽しみに学生時代に読んでおくのはいいと思います。読むのが大変すぎるので元気と時間がある学生時代に読むのがいいんじゃないかな。
学生時代に読んでいたのと、大人になって読んだのでは、何かの違いがあるなあと思います。


***

sun たぬきがゴハンを食べに来たので動画にしてみました(アライグマ)|バビオの日記帳

この日、朝妙なテンションだったことがさらにこのたぬきのこっけいさを面白くしてしまって、半日くらい思い出し笑いしてしまいました。今見ると何も面白くないんですが、前足をぴんと伸ばして降りようとしてる写真を見ると、クスッっときてしまいます。何がおもしろいのかは、自分でもよくわかりません。

***

「チャペ物語」 | 猫の倍返し
脱出できないくせに、脱出ゲーム好きです。
もちろんこのゲームも脱出できません!><。。

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール (日本実業出版社) の要点まとめ~ブクペ~
この本ほしくなりました。

よく見る動画
モーモールルギャバン/Hello!! Mr.Coke-High - YouTube
気持ち悪いポーズの研究のため、動画を見ながら、練習しています。

どうでもいいと思いますが、こちらのポーズはけっこうマスターした。

« 土曜閑話:スーパーのピーマンの話 | トップページ | 映画を、日本語吹き替えと日本語字幕で見たときに思ったこと »

面白かった記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。