フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 特におすすめするわけでもないけれどはまっているPosterousの話 | トップページ | お世話になりました。このブログは更新終了します。 »

2011年10月24日 (月)

話す聞くと書く読むの時間の違いがあるのに気づいた

齋藤孝さんの「1分で大切なことを伝える技術」という書籍を中古本で購入していたのを、読みました。
時間は大事、1分をあなどるなかれ。を学んだ私は(1分か~)と思って考えてました。

スピーチを1分でといったことなどが書かれていて、(なるほどなあ。なんでも時間をかければいいってわけでもないんだな。そうだな、1日の時間は決まっているもんな。時間が決まっているから、逆算していったら自分にとって無駄だと思うことをはぶいて、有意義な24時間にしたいよな。)なんてことを思ったりします。

時間の流れ方やどう解釈しているかについては、自分の考えがあると思うし、人の時間を搾取しないというのは、大人にとって大事なことと思います。

そうだそうだ、もっとブログも手短に、記事が1分で読めるくらいにすれば、読んでいる方は、時間ができてもっとたくさんの記事を読むことができる。と思いました。

私は記事にどのくらいの時間付き合ってもらうか?というのは、甘えていた点もあるので、
そうだ、1分で読める記事を目指そう。
と、新しいことを思いました。今まで考えてなかったのが申し訳ないです。

というわけで、記事が何分で読めるかという、WPのプラグインを試してみて、思ったのが、
あれ?この記事、読むのにこんなに時間かからないよ。
だったのです。素朴な疑問。

◆話すと聞く

1分でスピーチをする場合は、話す人と聞く人は、同じ1分を過ごすように思いました。
実際会って、話すっていうのは、もっとも時間を使わない方法なんだと思ったのです。
でも、移動時間なんかがあったりしますね。

誰かが1分間話している間、1分間聞いている。

 

◆書くと読む

書くといっても私の場合は、ブログを書くということを考えましたが、
これは、書く人と読む人の時間って、話すと聞くのとは違うんだなと思いました。
当たり前のことなんですが。

1時間以上かけて何か書いたのを1分で読む。とか、
5分で書かかれたことをじっくり10分かけて読む。だとか、
同じ量の文章でも、私は1分、あなたは3分かかります。だとか。

不思議なことがあるような気がします。


◆しっかり聞くとしっかり読むのニュアンス

「しっかり聞く」という私の中のイメージでは、
話しているのを集中して聞くことを思い浮かべました。

「しっかり読む」にの私の中のイメージだと、
書かれていることを注意深く読むことを思い浮かべました。

不思議です。

◆できるだけ時間がはかからないほうがいい

「できるだけ時間はかからないほうが良い」
という感覚が、いいものだとして認識されているなら、
何もかも手短にすませられれば、すてきなことになるのかなあ。
とも思います。

でも、何かひっかかる。

人はいかにかかる時間を短くすることにいろんな夢を抱いて
うんうん、考えてきたのかなと思います。

京都から東京に行くのに、新幹線だったら2時間くらいはすごいですよね。
何かをはやくっていうのは、技術なのかなあ。


◆おわりとウダウダ

というわけで、いきなりですが、
私はこのくらいで、記事を終わります。

年を重ねたある日ふと、こんなことに気づきました。

私は、時間をつぶすということをしなくなったなあ。
時間をもて余すこともなくなった。
退屈な時があまりない。

そんな気がした時があります。
子どものときはよく思っていて、いつも退屈でしょうがない気分でいっぱいのときがありました。
娘も退屈で時間がはやく過ぎてほしいなんていうことを言いますが、大人になって時間がはやく過ぎてほしいなんて日常生活で思うときは、いやなことが起こっていて耐えているときだけになった気がします。

スピーチなんかでも1分間で話す内容を凝縮させるかというテクニックや練習をするように、そしてそれを身につけたいと思う気持ちもあるように、ブログの場合も、いかに読者の方が短い時間で記事で取り上げる話題を把握できるようにするテクニックは、たくさん存在するので、そういうものを取り入れるのも、素晴らしいことだと思いました。

ただ、それは情報を伝達することにはスマートな方法だと思うんだけど、いっしょにうんうん考えてみるには、ちょっとちがうのかなあ?というところで、今日、私の頭の考え事は終わりました。

« 特におすすめするわけでもないけれどはまっているPosterousの話 | トップページ | お世話になりました。このブログは更新終了します。 »

■ブロガーソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。