フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 君は賢いが思考していない | トップページ | 柿を全部取らないこと »

2011年1月30日 (日)

個人ブログを続けるための考え方の一例

Genre scene, woman in kitchen peeling vegetables
Genre scene, woman in kitchen peeling vegetables / George Eastman House

個人ブログを続けていくために、
どういうスタイルでやっていくか、どういう考え方でやればいいのか。
というのは、ブログ更新で考えると、ちょっとわからなくなるかもしれません。

でも、こういう考え方で更新していけば、
自分のスタイルについて、考えやすいかなと私が思うヒントをひとつ提案します。

日常生活で例えると、食事。

食事

Housewife in the Kitchen of Her Mobile Home in One of the Trailer Parks...
Housewife in the Kitchen of Her Mobile Home in One of the Trailer Parks... / The U.S. National Archives

毎日の食事の作り方

私は毎日食事を用意して、家族に出していますが、
毎日の食事を出すためには、いくつか手順や工夫があります。

  • その日のメニューを考える
  • 予算内で買い物をする
  • 下準備
  • 時間に合わせて食事を作り時間内に作りあげる
  • 後片付けをする
  • 明日の準備

一連の流れがあって、これをひたすら毎日続けています。
私の場合、自分のためというより家族のために必要なので料理をしています。
でも、続けているうちにいやになったり、やりたくなかったりする日もあります。

しかし、必要なことなのでやらなければいけません。
やっているうちに、勝手がわかりはじめて、楽をしたりする知恵もついたり、工夫できるようにもなります。
続けているうちに、道具も揃ってくるので、順調に用意して片付けることができるようになってきます。
家族の好みもわかってくるし、健康のことや、楽しみを演出することも考えます。

食べている家族からしてみると、私は食事を何気なく適当に出しているように見えているようですが、いろんな変化を察して、その時に合ったものを、柔軟に先を考え、融通をきかせながら作っています。
無鉄砲、考えなしでやれば、長く続けることは色々な場面で難しくなって、失敗することもあります。

それは何のためにやるのか

New Year Dinner Party
New Year Dinner Party / borevagen

家族のために
食事は自分のために作るより、誰かのことを考えながら作る方が、私の場合はやりがいがあります。
自分はそれほどグルメではないので、美味しいものを追及して満足したいと思うことが少ないですが、家族のために美味しいものを食べさせたいと思うと、何が美味しいかと考えたりします。

家族の体によくないと思うものは、いくら美味しいと言われてもも出さないであるとか、
家族には不評なメニューであっても、それをいかに美味しくするか考えます。
食事を出して悪くなってほしいと呪いながら出すことはあまりないので、
家族ができるだけよくなるように考えてやります。

自分のために
自分のために食事を作ることがあります。
この時はたいてい、自分が食べたいものを作って、満足したいことが多いです。
私の場合、自分のために作るものは、家族にはあまり食べさせたくないと思うものがほとんどです。なぜなら、それを食べたらあんまりよくないことを知ってるからです。

料理が商売になると

マクドナルド
マクドナルド / Keng Susumpow

もし私が、料理で金を稼ごうと思えば、
できるだけ少ない予算で食材を買って、作るときは楽をし、
たくさんのお金を、たくさんの人からもらいたいと思います。
でも、その料理を自分の家族に出し、お金を受け取ることを考えたら、心が痛みます。

相手に誠実にやるなら、ほんとにこだわり抜いて安全だと思うものをだし、
ずっとやっていくならこの値段じゃないとやっていけない。と言ってやるかと思います。

私の場合、自分の心が折れないのは、後者のやり方ですが、自分の料理スキルに見合ったやり方のままやるなら、前者のやり方で行こうと思う可能性が高いです。

自分が料理を食べる側になったら

本心は、美味しくて安全で質のいいものを食べたいと思います。
もしくは、好きな人が一生懸命作ってくれたものや、みんなで楽しく食べるとかいいなと思います。

外食でも料理に関しても、美味しくて安全で質のいいものを食べたいとは思いますが、値段が高すぎて手が届きにくかったりすることも多いです。しょうがないので、手軽に不味くはなくてそこそこのものを予算内で食べよう。と、いうことになります。

 


ブログの場合

Mizuka taking pictures for her blog
Mizuka taking pictures for her blog / Joi

毎日の記事の作り方

私は頻繁に記事を用意して、ネット上に公開していますが、
頻繁に更新していくためには、いくつか手順や工夫があります。

  • 話題を考える
  • 素材を用意したり情報収集する
  • 話題にそった記事を自分テイストに作る
  • 自分の持ち時間で記事を作り上げて公開する
  • 反応を見たりする
  • 次の話題を考える

一連の流れがあって、これをひたすら毎日続けています。
私の場合、単純にブログが好きなので続けていますが、食事のように必要に迫られているものでもありません。
でも、続けているうちにいやになったり、やりたくなかったりする日もあります。

しかし、続けると思ったからにはやらなければいけません。
やっているうちに、勝手がわかりはじめて、楽をしたりする知恵もついたり、工夫できるようにもなります。
続けているうちに、道具も揃ってくるので、順調に用意して反応を見て分析することができるようになってきます。
読者の方の好みもわかってくるし、役に立つんじゃないかなあと思うことや、楽しみを演出することも考えます。

記事を読んでいる方からしてみると、私は記事を、適当に、気ままに出しているように見えているようですが、いろんな変化を察して、その時に合ったものを、柔軟に先を考え、融通をきかせながら作っています。
無鉄砲、考えなしでやれば、長く続けることは色々な場面で難しくなって、失敗することもあります。

と言いたいところですが、実際のところ、ある程度適当で気ままにやってる部分もないと、めんどくさくてつまらなくなってきたりします。もしくは自分の目標に向かって突き進むか。

それは何のためにやるのか

キミのために
ブログは自分のために続ける、誰かのことを考えながら作る方が、私の場合はやりがいがあります。
自分はそれほど何かを求めているわけではないので、これが知りたい!と思うことが少ないのですが、キミのために、これを伝えたい!と思うと、何が求められているのかと考えたりします。

キミにこんなことを見せたくないと思うものは、いくら美味しいネタでも出さないであるとか、いくらキミが興味がないものであっても、いかに興味を持ってもらおうか考えます。
記事を公開して悲しんでほしいと呪いながら公開することはあまりないので、
キミができるだけよくなるように考えます。(ただし、これは私の妄想にしか過ぎない)

ワタシのために
自分のために記事を書いておくことがあります。
この時はたいてい、自分の記録であったりはけ口であったり、自己満足したいことが多いです。
私の場合、自分のために作るものは、人にはあまり見せられないと思うものがほとんどです。なぜなら、それを見ても意味不明でどうでもいいし、それに付き合わせるのは申し訳ないと思うからです。

ブログが商売になると

Britain Going Blog Crazy - Metro Article
Britain Going Blog Crazy - Metro Article / Annie Mole

もし私が、ブログで金を稼ごうと思えば、
できるだけ少ない予算でブログを作って、記事を作るのは楽で、
たくさんのお金を、たくさんの人からもらいたいと思います。
でも、その記事を自分の家族に見せ、お金をだまし取ることになる場合だと、心が痛みます。

相手に誠実にやるなら、ほんとにこだわり抜いて安全だと思うものをだし、
ずっとやっていくならこのくらいもらえないとやってけないんだけどね。と、やるかと思います。

私の場合、自分の心が折れないのは、後者のやり方ですが、そんな話もないですし、
自分に見合ったやり方のままやるなら前者のやり方か、そもそも商売にならないと思います。

料理もブログも、誰でもできることですが、
それが素人でもすぐ商売になるなんていうのはないです。
ブログで金がもうかるなんて言っている人が現れたら、
それはその人の商売の客にされてるだけです。

誰でもすぐにでき、しかもみんなやってることをやって金が儲かるとか、
雇われてでもしないかぎり、実現しないと思うんです。

自分が記事を読む側になったら

本心は、役に立って信ぴょう性がありそれを読んでいることさえ自分のステータスであるようなものを読みたいと思います。
もしくは、好きな人が一生懸命書いたものや、みんなで楽しくわいわい集まれる記事とかいいなと思います。

よさげなものをタダで読みたいと望みますが、何がいいのか分からなかったり、踊らされているだけだったり、釣られているだけだったりして、本当に自分に必要である記事に出会っているかは不明です。

 

どんな食事を出して、
食べた人にどうなってほしいか、どうしてほしいか、
食べた人にどういうことを言ってもらいたいか。
そのために、自分は何をすればいいのか。
どういう状態ならそれが無理なく続けられるか。
いろんな考え方やスタイルがあると思います。

« 君は賢いが思考していない | トップページ | 柿を全部取らないこと »

■ブロガーソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。