フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 股間強打しても「チーン」っていう音はしないらしい | トップページ | Twitterとブログの気持ち的な使い分け方のポイントは、たぶん「つぶやき」 »

2011年1月13日 (木)

わたしの考えるすごいブロガーって

P1000122

先日、ホームページを作る人のネタ帳さんで、紹介していただきました。
人妻、もかりです。人妻っていいですね~((w´ω`w))

色々なブログを運営している人妻。というかこの人のツイートが面白すぎてTwitter→ブログを見始めるという経緯でブログを知った。ブログを定期的に書かない場合、罰ゲームとしてなべにこびりついたコゲを死ぬほど洗う。私にとってアルファーツイッタラーの一人だ。 私が考えるすごいブロガーとは*ホームページを作る人のネタ帳

ツイッターもブログも好きですが、
どうも、”Twitter”や”ブログ”が好きというわけではなく、
それをやってる人が私は好きなんじゃないかなあと思います。
だから、私は、ツイッターもブログも好きです。ネットが好きです。

そういえば、私が「すごい」と思うブロガーは、今はこれかなあと思います。
これがすごいなあ!と思ったので、私もブログをやっていると思うこと3つ。

  • ブログを続けている
  • 自分以外のブログを知っている
  • 自分の考えていることを自分の言葉で書いている

これだけ見ると、誰でもやってるじゃん。普通やん・・・と思いますよね((・(ェ)・;))。
誰でもできると思います。でも、

2 びっくりするほど程度がはなはだしい。大層なものだ。「―・い人気」 3 (連用形を副詞的に用いて)程度のはなはだしいことを表す。「―・く寒い」「―・くおもしろい」 すご・い【凄い】 の意味とは - Yahoo!辞書

びっくりするほど程度がはなはだしいという意味を持つと、
また違ってくるんじゃないのかな。

(びっくりするほど)ブログを続けている

P1000006
(デジカメの修理をしないまま迎えた2011年…)

なぜあの時、私はブログをやめちまったんだー!

ブログというのを私が知ったのは10年くらい前です。
私ははじめてブログを知った時にもブログを作っていましたが、途中でやめてしまいました。

ブログの記事はカテゴリーで話題ごとにまとめられていますが、カテゴリーより話題にしたいのは時間。
ブログが続くということは、歴史ができるということだと思います。情報が充実しているブログならすぐに作ることができるかもしれませんが、そのブログの歴史というのはすぐには作れないもので、ブログを続けている・続けることができているということは、本当にすごいことだと思っています。

最終回をむかえてしまって残念なのですが、いしたにまさきのブロガーウォッチング | Web担当者Forumというコーナーで、10年後の自分に向けて書く/たつをさんのブログ論(第9回)というのを読んで、わたしは感動しました。

たとえば「人気記事が書けなかった」ということより、「なぜあの時ブログをやめてしまったのか」ということのほうが、昔ブログをやめてしまった私にとってはどうすることのできない最高の後悔です。

たつをさんのブログ論を見て、ハッとしましたが、ブログの記事を書くとき、今読んでくれている人に役に立つ記事を書くブロガーは多いかと思いますが、10年後インターネットを使っている人の役に立つ記事を書くブロガーはどのくらいいるでしょう。

ブログでトラブルがあれば続けることができないし、
また、自分に何かあってもブログを続けることができません。

ブログを続けることは、すぐできません。

 

(びっくりするほど)自分以外のブログを知っている

P1120066
(結局、新しいデジカメを買ってしまった2011年・・・)

今まで、そんなブログがあるなんて知らなかったー!

私が自分のブログを見ればそれは自分にとってのログですが、自分以外の人から見れば、それはネットにある情報のひとつであったりするのかもしれません。気になることを検索して検索結果に表示されたひとつの記事をみれば、それは知りたいことが書かれているものだと思います。

私は、ブログに歴史を感じたりするロマン派なので、ブログ=人だと思っています。
テレビを見ているとどんな芸能人がいるのか詳しくなりますが、ネットでブログを読んでいるとどんなブロガーがいるのか詳しくなってきます。ブロガーは日本だけじゃなく、世界中にいます。
しかも、ブロガーは著名人ばかりではなく、普通に生活している方もたくさんいらっしゃいます。

そんないろいろなブロガーを、びっくりするほど知っているブロガーってすごいと思うんですよね。

私は自分事しかブログに書けませんが、ホームページを作る人のネタ帳さんのように、人を紹介できるというのは、すごいことだと思います。
私が考えるすごいブロガーとは*ホームページを作る人のネタ帳

私も、モノや出来事ばかりではなく、人を紹介できる記事がかけるようになりたいなあと思います。

ブログや人と自分の関係は、すぐにはできません。
 

(びっくりするほど)自分の考えていることを自分の言葉で書いている

P1120065
(デジカメが、タッチパネルになってた・・・)

この気持ち、言葉でうまく表現できない><

ブログはやろうと思えば誰にでもできやすいもののひとつです。
誰にでもできるものなので、似たことが書かれていたり、コピーだったり、パクリだったり、リンクだけだったり・・・。
検索して知りたいことにたどりつければ、それでいい場合もあるので、それでもいいのかもしれませんが、それくらいです。

どちらかといえば、デザイナーの為の記事はデザイナーから聞きたいのです。 こういう人間味のある記事を作り上げる為には、自分で勉強して、消化して、それを自分の言葉で紹介するという日々の勉強が必要不可欠だと言えます。 私が考えるすごいブロガーとは*ホームページを作る人のネタ帳

自分の言葉で表現する、自分の意見をネットに公開するというのは、勇気がいります。
文章は表現だと思うので、いろんな人が同じことを書いても、まったく違うものになると思うのです。

それがブログ記事になれば、さらに表現が増えるので、おもしろくなるはずなんですが、なぜか同じテーマで書かれた記事が似通っていたり、同じ感想が書かれているという怪奇現象が起こっている場合もあります。
人の言葉をかりているだけの記事は、つまらないし、ブログを書いてるわけじゃないと思うのです。
巧みにピックアップできているというところにも価値がありますが、またそれは別の話しで。。。

ブログを書いている人の声が聞こえてこないブログ
こんな記事を以前書いたのですが、私はブログからそれを書いた人が、自分に話しかけているかのような感覚になるときがあります。書いた側からしてみれば、不特定多数の人に向けて書いていたり、自分との対話が文章になっていたりするわけですが、読む側からすれば、自分とその書き手の関係になるので、不思議です。

ブログの記事の情報に気がとられることがほとんどですが、それを書いた人と向き合うことができる文章を書ける人はすごいと思っています。

たくさんの物事に触れていても流されずに、
自分の言葉で書けるようになるには、
やろうと思って簡単にできるようなことではありません。


 
+++
 
ということで、勢いで書きあげたかった記事ですが、
途中で勢いがなくなり、混乱して、最後まで書くのが大変でした。
今の私の能力はこのレベルなのでしょう。
ブログを続けてもっと書けるようになりたいと思えるのは、幸せなことですね。

役立つブログや人気ブログなんかが気になるかも知れませんが、
私の路線や目指すところとはがっちりマッチしていないように思っているので、
私は今は、何とも書けません(ρ_;)

一生懸命ブログを書けば書くほどわかるかと思いますが、
ブロガーって、すごいよ。

追記:今は、鍋じゃなくてやかんを磨いてます。

ちゃくちゃくと鍋(っていうか今はやかん)のコゲが綺麗になっていま

 

◆関連記事とか
私が考えるすごいブロガーとは*ホームページを作る人のネタ帳
私の考える凄いブロガーとは: 304 Not Modified

◆今読みたい気分の本


こういう書籍などを紹介するのに便利だなーと思ったブログパーツは、
わかったブログを書いているかん吉さん作の
書籍紹介ブログパーツ ヨメレバ です。
アフィリエイト機能搭載です。ウヒ

« 股間強打しても「チーン」っていう音はしないらしい | トップページ | Twitterとブログの気持ち的な使い分け方のポイントは、たぶん「つぶやき」 »

■ブロガーソウル」カテゴリの記事

コメント

もかりんはすごいブロガーだ。

これはこれまでもこれからもきっと私の中で変わらない。

この記事へのコメントは終了しました。

« 股間強打しても「チーン」っていう音はしないらしい | トップページ | Twitterとブログの気持ち的な使い分け方のポイントは、たぶん「つぶやき」 »