フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の5件の投稿

2010年11月29日 (月)

子どもと一緒にいるのに疲れた時に元気を出す方法

75/365 Hugs are Healing
75/365 Hugs are Healing / ganesha.isis

あ~!もう、ちょっと静かにしてほしい(;ω;)
なんだか、ぜんぜん、落ち着かない(;´Д⊂

子どもが元気なのは、とてもうれしいことですが、
元気過ぎて、たまに、疲れちゃうこともある、子どもとの時間。

そんな日が続いたり、疲れたけれど、子どもがいてゆっくり休めないことがあり、
つい、イライラして

「うるさーい!しずかにしなさーいっ\(*`∧´)/」

ということが増えて、親子の仲がちょっとケンアクになってしまったときに、
母子で元気を出す、元気になる方法にやっと気づく事ができましたflair

今頃気づくなんて・・・今までイライラしていた自分が怨めしい・・・( ´・ω・`)

続きを読む "子どもと一緒にいるのに疲れた時に元気を出す方法" »

2010年11月15日 (月)

どうでもいい日記:ねむい

P1100984

去年まで、寝つきが悪く気に病むレベルだったのが、
今は、20時には眠くて就寝してしまう日々が悩ましいです。
あれほどまで寝たがっていたのに、なんとも贅沢な・・・。

どうでもいい日記です。
本当にどうでもいい日記です。

続きを読む "どうでもいい日記:ねむい" »

バリューコマース スーパーパートナーコンテスト(2010年)受賞しました。

P1110059

2010年11月3日に東京で開催された、バリューコマースEXPO 2010公式サイトで、
イベント前から開催されていた、バリューコマース スーパーパートナーコンテストに応募しました。
感謝と恥じらいが同じくらいの大きさで秘密にしたいと思いましたが、商品API部門で最優秀賞をいただきました。
ありがとうございますヽ(´▽`)/shine 

さて、バリューコマースEXPOは、バリューコマース株式会社主催のアフィリエイトサイト運営者向けのイベントのひとつです。バリューコマース株式会は、アフィリエイトプログラムサービスのバリューコマース(以下、VC)というサービスを運営しています。

近年、APIといったプログラムを使って、ECサイトの商品データをサイト運営に活用できるらしいものがアフィリエイトサイト運営者の方の間でも話題のようで、私もなんどかチャレンジしましたが、挫折しました。

VCでは、今年に入ってから、APIのサンプルコードやWebテンプレートを、配布しており、APIを学習するためのセミナーなどの企画も行われているようです。
Valuecommerce Developer Center|アフィリエイトのバリューコマース

続きを読む "バリューコマース スーパーパートナーコンテスト(2010年)受賞しました。" »

2010年11月12日 (金)

ブログを書いている人の声が聞こえてこないブログ

「ブログを書いている人の声が聞こえてこないブログ」なんていうタイトルですが、
この記事は、ライブ配信とかそういったネットの最新技術みたいな話しではないです。
ただ単に、わたしが、思ったことしか書かれていません。

私は、何年かいろいろなブログを購読していたり、
ブログを検索したりして、読んだりしています。

ニュースなども見ますが、インターネットの文章を読んでいると、
私の頭の中で、普段とは違う(私の声ではない)声で、
文章を語りだすブログ記事が稀にあります。

普段良く読んでいて、書いている人にも会ったことがある記事なんかは、
その人の声が頭の中で流れるのですが、普段喋っている口調と、
文章が違っていると、不思議なもので声が違っていたりします。

全く知らない人、たとえば検索エンジンでたどりついた記事には、
ほぼ私の声で文章を追っていますが、ごく稀に、私ではない声の記事があって、
はじめて読んだ記事でも、おもしろがってお気に入りに登録したりします。

続きを読む "ブログを書いている人の声が聞こえてこないブログ" »

2010年11月 9日 (火)

近所の本屋のはなし

P1100999

近所に、自宅と店舗がつながっている個人商店というのでしょうか?
本と文房具を扱っているお店があります。

いつ行っても、お客は私一人で店に入るか入らないかで、
店の奥から店主のおじいさんが店に出てきます。

店主は、寒くなるとらくだ色のVネックセーターを着てスラックスをはいています。
店の中は、音楽やラジオなどの音が無く、店主と二人っきりになり、気まずくなっていつも私が一人で何か店主に話しかけます。

その店では、娘の文房具を買いますが「プリキュアのノートはないか」と店主に話しかけると、店主はちゃんと店の棚からプリキュアのノートを出してきてくれます。しかし、すでにテレビ放送が終了してしまったバージョンのプリキュアだったりします。

まあそれはよくあることです。

私が普段足を運んでいる店舗では、そういった商品はセールになっていたりしますが、
そのお店では、セールというものはありません。
むしろ値引き価格で売られていることもありません。

それは何年前の商品ですか?とわかってしまうほどの日に焼けた冊子であっても、値引きされることはありません。

しかし、わたしはその店で、それがわかっていても、買い物をするのです。
わたしは、自分がある意味、損をしているという感覚を、知っています。

そういえば、わたしが子どもの頃こんなことがありました。

続きを読む "近所の本屋のはなし" »

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »