フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 携帯乙女ゲームにはまり、ついに課金してしまった話し | トップページ | 2010年9月に読んだ面白かった記事 »

2010年9月25日 (土)

娘の大ニューース!ついにとれた!

小学校1年生の娘がいます。
彼女は、半年以上も前から、
ず~~~~っと、待ち望んでいることがありました。

「はやくとれんかな…」
と、小さな声で鏡を見ながら言っている日があったのを私は知ってます。
それって、そんなに待ち望むようなことだったのかな・・・
と、私は不思議だったのですが、彼女にとってはとても大事なことのよう。
わたし、もう忘れちゃったよ・・・そのこと。

あ。そういえば、ずっと欲しかった「たまごっち」を手に入れた彼女ですが、
2週間もたたないうちに、壊してしまって、気の毒でした。

そんな気の毒な娘の大ニュース!

「とれた とれた とれた とれたー!!」

おおおおお!!!

歯が、ぬけた・・・

歯が、とれたそうです(o^-^o)

子どもたちは「歯がとれる」と言っているので、
「歯がぬける」だよ。と言っても、
やっぱり、「歯がとれる」と言ってました。

抜けるという言葉を知らないのかなあ。
子どもの感覚だと、とれるなのかなあ。不思議です。

娘は歯がぬけることをとても楽しみにしていました。
なんで、楽しみなのかわかりませんが、周りのお友達が歯がぬけたことを羨ましく思っていたのかもしれません。

私にはそんな感覚があったのか思い出せません。今残っているのは、歯がなかなかぬけなくて血まみれになった手と、17時くらいのHNKの番組を見ながら、歯をひたすらグラグラさせて、苦しかったのと、夕飯に呼ばれてイライラしていた記憶が残っています。鬱屈とした記憶が多いですが、おばあちゃんに言われて、屋根にむかって歯を投げたことはなんだか爽快だった記憶もあります。

娘は歯がぬけたことがとてもうれしそうだったので、
「よかったねー!おめでとう!やったね!」
と、言うと、少し照れていました。

そういえば、わたしが歯がぬけた時、
いっしょにいたのは私のおばあちゃんだったなあ。
自分の歯がぬけた思い出の中に一緒にいた人はおばあちゃんでした。
娘が歯がぬけたと、おばあちゃんに報告しようかな。

おとーちゃんにも報告したかったそうですが、帰宅していなかったので、娘は彼が帰ってくるまでずっと待っていました。が、眠すぎて起きて待っていることができないくらいフラフラになり、私がちょっと食器を洗っている数十分の間に、寝てました。

「歯が生えた~かわいい~」
「乳首噛んで痛い( Д) ゚ ゚」
なんて言っていたのが、つい最近のようにも思うのですが、
気づいたら、もうその歯もぬける歳になったんだなあ。と思います。

しかし、歯がぬけるのって、
そんなにうれしいものだったでしょうか。
やっぱり思い出せません。

嬉しそうだったので、今日はお祝いしよう。
でも、何を祝うんだろう?
はじめてとれました祝い?
それとも
グッバイ乳歯コンニチハ永久歯祝い?
ぬけるならはえてみせよう永久歯?

よくわかんないですね。
寝ます。おやすみなさいませ。

そんな娘の母の私が乙女ゲームにいったいいくら課金したのか
気になるかも知れませんが、まあ、それは、機会があれば(*ノv`)

« 携帯乙女ゲームにはまり、ついに課金してしまった話し | トップページ | 2010年9月に読んだ面白かった記事 »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。