フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« ありがとう、ネットのひと | トップページ | 2010年付き合いたいWebのサービスbyもかり »

2009年12月30日 (水)

2009年マイアルファブロガーbyもかり

ブログが日本にやってきて、当時わたしは関心空間のお友達から「ブログっていうすごいものがある」ときいてはじめました。はじめてみるとたしかにすごかった。これはいったいなんだろうかと思ってそれに夢中になり自分がそれを書くことに熱中していましたが、ある時期を境に、ブログを読むことにも楽しみを見つけていました。

ということで、2009年の私にとってのアルファブロガー、マイアルファブロガーを記録しておこうかなと思います。アルファブロガーの意味は、

アルファブロガー - Wikipedia
「世論に影響を与えてる」「ブロガーのリーダー格」「影響力が大きい」「多くの人のアクセスを集める」

アルファブロガーは「影響力のあるブロガー」などの意味で用いられることが多い。

ということで、これに「マイ」をつけてしまっているので、「もかりに影響を与えてる」「もかりのリーダー格」「もかりへの影響力が大きい」「もかりのアクセスを集める」という意味で、マイアルファブロガーを使います。選ばれたところで、そんなにうれしくないと思いますが、許してください。

2008年の、マイアルファブロガーは、F.Ko-Jiさんが運営されている
F.Ko-Jiの「一秒後は未来」
でした。なぜ、2冠じゃないかというと、F.Ko-Jiさんの年末記事に上がっているように

2008年に書いた記事数は515本でこれはこれで多い気がするのですが、今年書いた記事数は昨日までで320本。約200本も少なくなってしまいました。この減少はかなり大きい。
ブログの更新ペースを取り戻すのは難しい - F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

おそらくここじゃないのかなあと、私も思います。他に心あたるところがあるとすれば、トップページが若干リニューアルされた時期があた気がするのですが、それがちょっとわたしにはなじめなかったような気がするのです。でもたいてい、Googleリーダーで購読しているので、これが決定的だとは思いません。個人的には、松木里菜さんの影響かとも思ったくらいですw

 

そんなわけで、2009年のマイアルファブロガーは、
何度か話題にもしているかと思いますが
tanahashiさんが運営されている、

crown DESIGN IT! w/LOVE

今年ブログを読みはじめたと思うのですが、一番はじめに記事を読んだのは…忘れました。おそらく、はてなブックマークをいじっていた時期に発見したんじゃないのかなあと思います。

わたしはブログを読むのが好きなので、ブログの購読数は多いのですが、発見して購読したブログが私が気になるブログになるには、なんらかの要因があるはずなのです。リーダーでブログを読んでいると、たいていどのブログを読んでいるのかよくわからなくなるはずなのに、記事1本のインパクトがすごかった(わたしが気になることが書かれていた)からでは、ないでしょうか。文字の塊が多いので、何を書いているのかまれにわからないことがあり、なんやったんやろ…と思うのも、気になる要因の一つなのかもしれません。

誰かのブログを継続して購読すると、まれにそのブログの運営者のユニークな夢を見るということがあります。

F.Ko-Jiさんは、XMLの歌詞を書いたので、これに曲をつけてくれと、キングレコードの会社の前で社員の人と口論になっており、音楽系雑誌社のひとがそれを面白がって取材しているところを、なぜかわたしが傍観していた。という夢を見ました。F.Ko-Jiさんもキングレコードの本社も見たことがないのに、なぞです。

tanahashiさんは、金閣寺で青竹踏みを作るセミナーをするので集まってくださいという告知をブログで読んで、行ってみたのに、tanahashiさんは茶屋で、頭に籠をかぶってパスタを箸にして、一生懸命そうめんを食べており、セミナーがなかなか開催されないのでわたしは金閣寺のゴールドのキーホルダーを買う。という夢を見ました。なぞです。

夢に見るくらいの、すごいインパクトが、あるブロガー・・・。

ちょっとおもしろいブロガーは(どないやねん。)というくらいの、アウトプットを日々繰り返していると思うのですが(ほんとに一人でそのブログやってるの?)であるとか、なにか(特別なツールでも使って記事を書いているのか?)と思うような記事を、かなり定期的にあげている気がします。自分自身ではそこまで気にならないことであっても、客観的に見ていたら、すごいなあ・・・と思う(むしろあきれるレベル)のブロガーは多いと思います。アメブロの芸能人ブログなんかも、すごいなあと私は思うんですが。

tanahashiさんも、生身なんだとか。

はーい、実在しますよ。生身ですよー!
tanahashiは実在するのか?

あやしい・・・gawk。「ー」とか「!」が怪しすぎます。
普段ブログでそんな記号を使っている印象がないので、怪しすぎます。
これ、もしかしてbotじゃないのか!と思うくらいですが、
生身なんだとか。しかも一人w


記事そのものにも、書き手の伝えたいこと、表現したいこと、そういう個性みたいなものを詰め込んでいるブログがおもしろいなと感じます。どのブログなのかわからなくても、記事を見ただけで、あの人のブログだなとわかる記事を書いている人と言って、私がすぐに思いつくのが、わださんなんですが。わださん好きだからわかるんでしょうかね・・・。

アフィリエイターでブログを利用している人で、
私がよく読んでいるブログの週間投稿数は約8
また、アフィリエイト以外で、記事のクオリティや独創性があり、
私が気になるブログの週間投稿数は約4
関連記事:企業の「独自性」を見出すヒント(1)

わたしがそれを読む確率は、アフィリエイトのブログに関しては、興味のないことも書かれており半分読まないこともあります。気になるブログはたいてい更新されれば全部読んでいるので、だいたい週間で4くらい自分にヒットするブログを運営されていると、熱心な読者になっているかなあと思います。でもこれはわたしのおおよその基準です。

また、今年一番のブログ!とまでは、至らなかったのですが、今年いろいろな影響を受けて、私が新しいことを始めるきっかけを作ってくれたブログは、wackeyさんが運営されている、

crown [Mu]ムジログ

です。

他にも色々なブログがあったのですが、たまたまソースを見たときの、metaタグに爆笑したので、その瞬間、ムジログに決めました。今年一番とまで…と書いている理由は、ブログ更新のペースを取り戻すには?でもあったように、若干更新のペースが乱れたことがあったのではないかなあと思います。

読み手にとって、役に立った、面白かったというのは、書くときには大事だなあと思うことだと思っていますが、その1つのブログに読み手がかけた時間の長さというのも、読む側にとっては大きなポイントであり、それはこまめな更新だけでは補えない部分じゃないのかなとも思った1年でした。

ある程度読者を意識しているのも、ありがたいことですが、継続して読んでいる読者(と言っても私の場合)からしてみると、あんまり読者や検索エンジンを意識しないで、自由にブログを活用しているブロガーさんというのは、魅力的に見える気もします。書き手になると、こういうことはむずかしさを感じることですが、何が大事なのかは、今年は具体的な答えにたどりつかなかった気もします。

Web(ブログ)に、それぞれ違った方面でアウトプットすることを意識しているブログだと感じたこと、また、自分のやりたいことを思いっきりやってる感じが伝わってくるこころ楽しいブログ、2009年よく読んでいたこの2つのブログを、2009マイアルファブロガーにしようかなと思います。2010年も元気にブログを使ってほしいなあという、意味も込めて。

あんまりまとまってませんが、こんな感じで。すみません。

あと、京都市動物園の飼育員ブログも、更新が楽しみなブログだったと思います。ブロガーなのかどうかはよくわからないんですが、わたしは1年間更新が楽しみでした。

しかし、ふと冒頭で関心空間の話題をしたのですが、関心空間も長く続いているサイトですよね。


ブログを読むのを楽しんでいるひとの一人として、またブログを運営しているひとの一人として、ブログを運営するのってそれなりに、大変なことだと思います。それを、地味に邪魔するスパムの人は、はやくどっかにいってほしいなあと思います。
ほら、あれみたい。家事をする際、家族が非協力的であるのは、まだ許せます。ただ、家事を軽率な行動でほんのりと邪魔され、家事にとられる時間が毎日微妙にとられるのが、腹立たしいことみたい。

スパムトラックバックや、スパムコメントをやりたいというか、できるのでやっているその行動に関しては、その人の自由なので、激しく否定することはありませんが、私からしてみると、邪魔というか、めんどくさいので、やめてください。と思います。そんな些細なこと我慢しろよと思うかもしれませんが、いちいちコメントやトラックバックを確認して、スパムであるかそうじゃないかを確認する作業そのものが、めんどくさいです。そんな風にめんどくさい作業をしなくちゃいけないひとが、世の中にたくさんいるというのは、全体的に無駄なんじゃないのかなあと思うんです。だから、スパムの人はスパムの人同士でスパムしたらいいと思います。削除されることもないし、非公開にされることもないと思うんで、それでいいんじゃないんですか?

「スパムムカつく~pout」ボタンを押したら、そのサイトが、お花畑になるとかのすてきな機能を搭載したブラウザはいつ開発されるんでしょうか。でも自分のサイトを見たときに、お花畑になっていたら、切ないですね。

Imgp5185


追記:さっき気づいたのですが、この記事がもかデリ800記事目のエントリーでした。
どうでもいいことを800記事も書いたと思うと、ご、ごめんなさい!!!と思ったりします。

自分のブログを振り返るのも面白いですが、自分が読んだブログを振り返るのも、楽しいですね。みなさんは、どんなブログのどんな記事が今年一年印象に残りましたか?そして、それはなぜ?

« ありがとう、ネットのひと | トップページ | 2010年付き合いたいWebのサービスbyもかり »

■ブロガーソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。