フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 東京で開催される、第7回 アフィリエイト大見本市について | トップページ | 公益法人のことをテレビで見た »

2009年4月18日 (土)

バナー広告でサイトの雰囲気を主張する

Imgp7041

わたしは、アフィリエイト広告をサイトに表示していますが、バナー広告っていいですね。

自分でその画像を作ろうと思ったら、めんどくさいとか、つくれないとか思うんですが、ASPに登録して提携できた企業の、バナー広告の中で気に入ったものを見つけて、そのhemlタグをコピーアンドペーストするだけで、サイトに表示できるって何気にうれしい気がするのです。バナー広告を眺めているだけでも、わたしは面白いです。

Amazonアソシエイトで本の表紙の画像をはりつけられるとか、背景をきれいに切り抜いてくれている商品画像なんかが利用できるって、便利だなあと感じています。

そういう、手間をかけて作成されている画像をなんでもかんでもはりつけてしまっていたりするんですが、せっかくきれいな画像なんだから、自分のサイトの雰囲気を演出するような目的で利用できたらいいなあと思います。

Web広告の画像なんかは見せるために作られているだろうからインパクトもあるし、そのサイトの雰囲気を主張するとか、トップページをみたときに、訪問者の方が広告からの雰囲気も含め、サイトの情報を把握できたりする手助けにもなってくれると思います。

Web制作に関する話題をよく取り上げているサイトには、パソコンの画像やレンタルサーバーのバナーなんかがあると、ああ、そういう感じのサイトなのかなあ?と思ったりします。
女性向けのファッション関連の話題なら、かわいいブラジャーの画像なんかがあると、男性の方はちょっとこのサイトには自分が知りたい情報ないかも?とか思ったりするかもしれません。(趣味の話しなので、一概にはそういうわけではないと思うけれど)

なので、そういうアフィリエイトバナーを利用して、サイトを作るのも、いいなあと、私は思います。
遊んでいるスペースに広告を入れるのもいいと思うんですが、できれば広告バナーがさらによく見えるように、それを表示させることを先に考えて、サイトのレイアウトを考えたら、いいなあと思いました。

サイトと関係のないバナーを大量に表示させたりするのは、逆効果になるような気がします。せっかくきれいな画像なのに、レイアウトの仕方ひとつで見た目も美しくなくなるし、ひどいなあと、最近やっとわかってきました。

あと、こういう記事を書いたら、記事の下に表示される広告テキストも、美しいとか、いいなあとわたしが思えるものじゃないのが残念だなあと思います。何が表示されるのかはわからないんだけれど。なんとなくいつも見ている広告が、私にとってあんまりいい印象だと思えないと感じることが多いので、こんなことを書きました。

« 東京で開催される、第7回 アフィリエイト大見本市について | トップページ | 公益法人のことをテレビで見た »

◆サイト制作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。