フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 今日もいい日 | トップページ | おはなしはちゃんときいてね。 »

2009年4月28日 (火)

「怒る」と「叱る」は違うのか

Imgp3350

娘も最近情緒が豊かになってきて、いたずらしたり、いけないことをしたりします。
私はそういうとき、叱るのですが、たまに怒る時もあります。

私は幼いころ、親に怒られていると思っていので、いつも怒られないかびくびくしていました。だから自分の子どもは甘やかそうと思いました。ただ、それはどうやら間違っているというのに私自身気づくのには、けっこう長い時間が必要だったようで、甘やかすことが良いことだというのではない。ということに達するまで、いろいろ寄り道をした気がします。

わたしが娘を怒るとき、たいてい自分がイライラしていたり、自分に都合が悪いから、
「不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表す。腹を立てる。いかる。(Yahoo!辞書 - おこ・る【怒る】)」
こういう風に、自分の都合のよいようにさせようとしたり、感情的になっていたりすると思います。
ただ、言われた方は私も経験がありますが、怖いとかなぜ?というところがあり、あんまり解決にならないなあと思いました。「怒る」には「よくない言動を強くとがめる。」という意味も確かにあるのですが、この意味で使うことがあまりないです。「おかんはヒステリー」なんて子どもころ言って、おかんを逆上させたことが何回もあります…。

じゃあ何がいいのかなと言葉を探したら、「目下の者の言動のよくない点などを指摘して、強くとがめる。」 [Yahoo!辞書 - しか・る【叱る/呵る】より引用]とか「3 気をつけるように傍らから言うこと。忠告。」 [Yahoo!辞書 - ちゅう‐い【注意】より引用]のような、言葉なのかなあと思いました。

「甘やかす」というのがいいと思っていましたが、娘の目にあまるわがままっぷりに、これじゃあいけないと思ったわけですが、じゃあどうしたらいいの?怒りたくはないんだけれど。と思いました。
娘のことを思って、それはいけないことだと理解してもらうために、感情に任せて怒るのも確かに必要な時もあるのですが、いつもいつも怒られていたら、怒られる方も怒る方も、身が持ちませんよね。精神的にも疲れます。

だから、怒るということは、育児(しつけ)に関しては使わずに、叱る・注意するというのを心がけようと思ってから、少し娘は、おねえちゃんになりました。

わたしもまだまだ叱られる立場ですが、叱る立場になって、気づくことや難しさを知っていろいろ思いました。
道ですれ違った、お母さんと子どもがにこにこと会話しているのを見て、みんな一生懸命、子どもと向き合おうとしているんだなあと、しみじみ思いました。

で、何が言いたかったかと言うと、
やっぱり、娘がかわいいと言いたかったんです!!!
いま、娘は小学校に行くために、ガリ勉中です!

« 今日もいい日 | トップページ | おはなしはちゃんときいてね。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

ん~(・ω・`)
なんだか深いなぁ。

うちの子も最近、反抗期盛りです。
ワタシは”怒っている”方が多いかもしれません。

もかりさんのこの記事でちょっと気付くことが出来たように思います。
ワタシも、”怒る”と”叱る”、きちんと考えてみようと思います。

kagさん。
こんばんは(o^-^o)
反抗期お疲れ様です!
親だからと言ってなかなか感情をおさえて理性的?に対応するのってすごく難しいと気がある気もします。
おかーちゃんだって人間だから怒る時もあるんだよ!というんですが、それがわかってくれるのは、娘がちょっと落ち着いていてちょっと親切な気分になっているときくらいで、娘も感情的になっているときは、
母子で大ゲンカになったりするんですよ~(;д;)
いつまでも幼稚なおかーちゃんでゴメンヨ!
っていうんですが、
「ヨーチってなに?」
といわれ、トホホ・・・だったり(;´▽`A``

ま、ま、でも、やっぱり人間的でもあり、
頼りになったり信頼してもらえる大人の一人に
なろうと思ったら、いつも感情的じゃあ、
かっこわるいなあ・・・と思う毎日です。

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日もいい日 | トップページ | おはなしはちゃんときいてね。 »