フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 公益法人のことをテレビで見た | トップページ | 今日もいい日 »

2009年4月21日 (火)

好きです

Imgp3337

私は、好きなんです!というのが好きらしくて、きらいとか苦手とかは特に言う必要がないと思いました。
いや・・・違いますね。きらいとか苦手とかをいちいち言ってめんどうくさくなるとか、そう感じたことをあえて言葉にしてしまうのはめんどうくさいなあと思うし、それを言ったことでなにか自分にいいことがあるのかと損得を腹黒く考えてみたら、特に得になるようなことはない気もしたからです。でも基本的にめんどうくさいので言わない方が賢明だと思ったのかもしれません。

「きらい」とか娘に言われた日には、ほんとに泣いちゃいたい気分になるし、きらいと言わせるには何かしたとかわたしがきらいオーラを出したんだと思うので、あれかなこれかなあと反省するんですが、みんなが常にそういうオーラをだしているというのはすごくこわいですね。伝染病みたいに広がっていくし、好きっていうのより威力がありそうな気がするんです。

子どものころはそういうのがいまいちわかっていなかったので、きらいだとおもったらすぐに「きらい!」と口に出したり…、いや、口に出せなかった。きらいとは言えなかったです。ただきらいなオーラはあからさまに出ていたと思います。

どうでもいいんですが、わたしはこの「嫌い」という漢字のかたちが変(なんかの虫みたいで気持ち悪い気がした)なので使いたくないのと、「嫌」この漢字そもそもになんか避けたいものがあるので、「苦手」と言う言葉を使うことにしました。ニュアンスでごまかしてるだけだけど、ちょっとやわらかくはなるかなと思って。

伝染するような場所で、そういうきらいということの言葉の力を行使するのはおそろしいことだと、学生時代気づきました。どうやらそういうことは、なにかいいことがあるのか考えてみたのですが、わたしにはメリットが見つけられなかったんです。「おもしろい」とか「興味がある」とか「野次馬」みたいな軽いものはあるけど、それが果して自分にとってイメージアップにつながるのか…。わたしに持たれているキャラのようなものを察すると、イメージアップになることはなさそうだと判断しました。

大学時代は、女の子グループ的なものの面倒くさいことも緩和し、ドライというかやりやすかったんだけれど、高校生までは、悪口のようなものや不快な気持ちをこっそり強制的に共有しないといけないような場面が多くてちょっと疲れてました。あと、その不快の元になってるんじゃないかという不安も、なんか居心地悪いなあと思いました。

あんまり精神的に疲れたくないので、そういう居心地の悪さの元を作るお友達とは距離を置きたい気持ちになります。わたしの前で、わたしのことではない人の悪口を言っているひとはそういうことをほかのシュチェーションでも使っている可能性大だと判断して、そういう話題に自分も使われる可能性があるというのは、自分にとってもメリットじゃないよなあとか、腹黒いことも考えました。悪評を広められたくないからその人の機嫌をとるのは、なんかいやだ。(プライド高いのかな?)そこに気を使いたくないので、それをするくらいなら距離を置いて認識されない方がいいと思いました。悪口をいう友達は、上下関係のようなものができてしまい、対等に会話ができない気がしたんです。

私はそう思ったので、あんまり誰かのメリットになりそうもないことを口に出さない方が賢明だと判断して、こういうことは別に言う必要のないことで、社会の暗黙のルールなのかなあと学んだのでした。もしそういうことも機知に富んだ、ユニークな方法で表現できるならよかったんだけど、わたしはけっこうストレートな方なので、そういうことをいっても面白くないしたぶん聞いた方もしらけるので、自分の表現力の乏しさともあいまって、好きだと言うことを表現するほうを、やってみようと思ったのです。

わたしはコミュニケーションがあまりうまくできないタイプなので、ちょっとずつうまくできるようになるといいなあと思って、そうしてみることにしました。これが良い選択だったのかはわからないけれど、やってみよう。

写真は、たこ焼きです。夫さんがどこかで買ってきてくれるタコ焼きで、何回聞いてもどこか覚えられないためどこのたこ焼きなのか知らないのだけれど、ここのタコ焼きは美味しいのです!

« 公益法人のことをテレビで見た | トップページ | 今日もいい日 »

■ブロガーソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。