フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« テンションが下がるから、Feedに「AD」とか「PR」的ものを入れないでほしい | トップページ | はてなカラースターをゲットしてみました »

2009年4月17日 (金)

個人ブログに関して、今思っていること(1)

Imgp0734

なんとなく、最近感じはじめた、ブログというものの価値。
前回の記事でなんとなく話題にしてみると書いたので、もう一回何かの話しをしてみたいと思います。
個人ブログに関して、今思っていること

ブログというものが日本で始まって、個人で日記のような記録のようなものがインターネットで検索するとよくひっかかるようになりました。はじめは、誰が書いているのか、内容がどのくらい信用できるのかわからず、個人ブログはたいした情報もないものだと決めつけていたようにも思います。

ただ、検索は毎日していて、そういう個人で書かれたブログの記事なんかがヒットしたとき、おお!助かった!とか、面白かったとか思うことも増えるようになりました。他人の日常を垣間見ると言ったら気持ち悪いかもしれませんが、なんだか気になる人のブログは読んでみたりして、そのブログの運営者の方に一方的に親近感を抱くようになったりしていました。自分が好意を持っている人が書く文章と言うのは、自分にとっては影響力が大きいものです。そのブログで書かれていることを、誰かに話したり、家族で話題にしたり、面白かったフレーズを、自分も使ってみたりしていると、わたしも自分のブログを書くようになりました。

わたしはもともと、ホームページはあったのですが、情報をまとめてコンテンツにすることをしていたので、まとめることはしても、表現するということにはそれほど重点を置いているわけではありませんでした。表現するということを意識したとき、「エッセイ」と名付けてみたり、「写真集」と言ってみたり、何かの作品だという気張ったものを作りました。

しかし、そういったものはなかなか続けることができず、いつも中途半端な形で終わってしまっていたのです。
でも、ブログを始めたことによって、毎日何かを書くだとか、毎日写真を載せてみたいと写真を撮ってみたりだとかすることが、多くなりました。決して作品集のような出来ではないですが、ちょっとした自分の作品の記録のようなものが作れるのだなあと思いました。毎日ばらばらなテーマでブログを日記のように記録していましたが、同じテーマの記事をあとでまとめると、ホームページを作っていた時の、エッセイ集のようなものだとか、写真集のようなものだとかができ上ることを知りました。決してそれだけ作ろうと思って作ったわけではないのに、結果的に毎日の積み重ねで、意図せずそういうものができてしまったことに、私は驚きました。

ブログは、CMSとしての使い方もありますが、知識や何かの経験のようなものがなければCMSとして使うためのアイデアはなかなか思い浮かばないものだと思います。

管理画面には何かが入力できる雰囲気のものがあり、そこに自分の文章や写真を入力できるものだというのはわかります。なんとなく毎日コツコツとそういうものを入力してくことができるものだということから、ちょっと違う使い方に発展することは、実はそれなりにめずらしいことだと思うのです。

ブログを自分の記録などに使うこと。日記のように使うこと。それだけでは、少し物足りない気がするのです。もし、記録や日記として使うなら、わたしがいまかなり意識している「表現」というものに、注目してみませんか。

表現すること。これはとてもおもしろいことです。

わたしはある日、日記と言うものは、その日、記さなければ、その日の日記は、後日正確に書けない可能性が高いものだと思いました。わたしは自分のことなのだから覚えていると過信していたのですが、それは間違いでした。その日のことをその日のこととして文章や写真、またイラストなどで表現して記録しておくということは、実はすごくむずかしいことだったんだなあと感じました。そういうことができたりする手段の一つに、ブログがあります。

役立つための情報がほしい。他の人のために問題を解決する手段や方法など役立つことが書くことが情報を発信している人の義務であるのではないか。私はそう思います。ただ、わたしは、そういう面も確かに大事だととても強く思いますが、前回の記事でわたしにとって役に立ったと感じたことのひとつに「どういう風にそれを表現するか」と言うこともあったのです。

見栄をはりたいタイプなのだと思いますが、かっこいいフレーズ。豊かな感情の表現方法、伝わりやすい言葉。そういった日常会話で使えるような、言語表現を身につけられるきっかけがあったのが、ブログでした。普段同じ人とばかりしゃべっていると、会話が単調になってしまいます。意識して何か身につけようと、書籍を読んだりもしますが、ブログもなかなかいいものです。なかなかそういった表現に出会うことも難しいわけですが、いろいろな年齢・性別・考え方の方のブログを読んでいると、それなりに不思議と身につくものがあるのだなあと感じます。

もし、ブログを書くなら、その日知った新しい言葉、おもしろかったフレーズ、冗談やギャグなどを使ってブログをかくことを、適当におすすめします。言葉は聞いたり見ただけでは自分のものになりません。何度か使うと、身に付き、会話をする際にも、使うことができるようになるみたいなので、ブログに毎日書きとめてみるのもいいんじゃないでしょうか。


ちなみにここまでが、約2100文字くらいです。400字詰原稿用紙にすると、約5枚分です。これだけ毎日書くと、1年間で400字詰原稿用紙1800枚分くらいになるっぽいです。なので、ブログに書けば紙の節約にもなります。なるかもしれません!


関連記事:個人ブログに関して、今思っていること

« テンションが下がるから、Feedに「AD」とか「PR」的ものを入れないでほしい | トップページ | はてなカラースターをゲットしてみました »

■ブロガーソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。