フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の19件の投稿

2009年2月27日 (金)

駅のにおいでよいそう

駅のにおいでよいそう
駅のにおいでよいそう
ドアを手動で開け閉めします。
燃料のにおいで車良いしそう…
めっちゃ寒いしめっちゃ眠いです

段々畑メイン

段々畑メイン
段々畑メイン
段々畑メインで
たまに沼みたいな?ため池?があり
まれに家があります。
こちらから見る限りでは
人の気配がありません

雨だからでしょうか?

本土から脱出しました

本土から脱出しました
本土から脱出しました

本土から脱出できました!
段々畑がいっぱい

京都駅

京都駅
京都駅
京都から脱出中です。

2009年2月23日 (月)

リンクシェア「大阪アフィリエイトフェスタ」で [N]いただきました

Imgp1534

欲しいものをもらうために、朝、書きました。手書き名刺です。
参考にした記事は、こちら。なぜ手書きにしたかというと、名刺の注文に間に合わなかったからです。
[を] 手書き名刺を作った
パソコンで作って大量にその名刺ができてしまうと思うと、余計なモノが書けませんが、手書きだと なんか 書き放題です!!!

続きを読む "リンクシェア「大阪アフィリエイトフェスタ」で [N]いただきました" »

2009年2月22日 (日)

娘と大阪(梅田)で・・・

Imgp1423

母子そろって、都会の歩道で、苔観察。
しろいのは、たばこの吸い殻。
苔日記、いつか必ず更新するぞ!

苔 - Wikipedia

2009年2月14日 (土)

娘のつっかけ

Pict0013

京都のとある商店街で、家族で経営していると思われる靴屋さんで購入したレトロなつっかけ。
よちよちと歩き始めたくらいに購入したので、いまはサイズが小さいんですが、履いて歩くと ぷぷぷ と音が出ます。ちなみにトイデジで撮影しました。どうやって充電したかは・・・また今度。

2009年2月13日 (金)

バットフィッシュが、すごいよ?


Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
↑ これ 歩いてますよね?

娘が購入した子どもの雑誌「たのしい幼稚園」の3月号おかしなおかしなどうぶつえんというコーナーで紹介されていた、バットフィッシュがすごいです。

たのしい幼稚園 2009年 03月号 [雑誌]Bookたのしい幼稚園 2009年 03月号 [雑誌]

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

たのしい幼稚園に掲載されていたバットフィッシュの写真はいろいろつっこみたいところはあるんですが、写真とともに掲載されていた、イラストもかなりかわゆい。歩いているのは、まあいいとして、正面から見た感じがなんともいえないんです。娘と二人でいまマイブームです。


ガラパゴスバットフィッシュ(魚図鑑) - 南国 Diving World
ガラパゴスにもいるんですか?バルトロメ島付近にいるそうなんですが…(ガラパゴスで見られる魚
唇が赤くてへんてこな魚 レッドリップド・バットフィッシュの動画
ウォーキング バットフィッシュ[浅虫水族館] - ブログ水族館

2009年2月12日 (木)

A8.net(エーハチネット)の第27回初心者向けアフィリエイトセミナーに行った

Imgp1286

森下仁丹の本社に行ったあと、同じ日に大阪でA8.net(エーハチネット)という、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)のセミナーが、アクスネッツ梅田であったので、行ってみることにした。参加は無料。

続きを読む "A8.net(エーハチネット)の第27回初心者向けアフィリエイトセミナーに行った" »

仁丹歴史博物館が楽しかった。

Imgp1260

私は昭和初期文学が好きだし、レトロなものがとっても好きだ。
森下仁丹の本社ビル(大阪・玉造)で「仁丹歴史博物館」という展示あると聞いてドキドキした。

明治・大正・昭和の仁丹広告やレトロなパッケージが見ることができる展示があったのだけれど、1日限りしかも祝日開催(2月11日は「仁丹の日」。しかも日本記念日協会に承認されているらしい)なので、遠いけど見に行ってみることにした。100年以上のロングセラーである「仁丹」の時代別のパッケージも見られるらしい。
企業がこういう、歴史のデータベースを一般に展示するというのも、とても興味深い。

とにかく、玉造まで到着するまでいろいろあったんだけれど、行ってよかったな~!

続きを読む "仁丹歴史博物館が楽しかった。" »

イベントレポートを書く前に、移動中のトホホな話

Imgp1177

昨日は、森下仁丹(本社ビル:大阪の玉造にある)で、「仁丹歴史博物館」というお披露目会?があったので、見に行くことにした。
森下仁丹は森下仁丹歴史博物館というコーナーがとても好きで、仁丹商標 のページとかおもしろい。

まあ、そのイベントに行くわけなんだけれど、とりあえず行くまでが大変だった!
前日に地図をみたり、電車の路線を調べたりして、シュミレーションして、時間とかも計算したんだけれど、とりあえず、現地に到着するまでが、自分的にドラマティック?すぎて、ペースが乱れた。

京阪京橋で大阪市営長堀鶴見緑地線に乗りかえる予定で、かなり時間もあるし、おにぎし食べたり、本を読んだりしながら、車窓からはいってくるぽかぽか陽気にほのぼのしていた。ちなみに読んでいたのは『沈みゆく方舟 ガラパゴス』という文庫。これ↓

沈みゆく方舟 ガラパゴス (講談社プラスアルファ文庫)Book沈みゆく方舟 ガラパゴス (講談社プラスアルファ文庫)

著者:藤原 幸一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

で、本を読んでいるとあんまり周りの音がわからなくなるんだけれど、「次は京橋です」というキーワードが聞こえたので、「京橋」なんだと下車した。

下車して時計を見たら、予定より30分も早くついていて、なかなか順調に移動してるなあと改札を出た。
次は大阪市営長堀鶴見緑地線に乗りかえして玉造でおりたら、到着したい11時よりはやく到着するなあと余裕だった。

しかし、どこを探しても「大阪市営長堀鶴見緑地線」がない。地下鉄がない。
なんだろう、出口を間違えたのかなあと思ったんだけれど、普通いろいろ繋がってるやろ~!と思って探した。しかし、地下鉄はない。

Imgp1180

しょうがないので、こういうところ(写真参照)で、地下鉄に乗りかえる場所がどこにあるかを聞いてみることにした。

私「すみません、地下鉄はどこにありますか?」
お姉さん「地下鉄はありません。

意味がわからん。
地下鉄の場所をきいているのに、地下鉄がないと言われた。

いろいろお姉さんと話していて、わたしは玉造に行きたいので、長堀鶴見緑地線にのりかえたいんだ!というのをいうと、

「ここは、枚方です」

と言われた。
どうやら下車した駅を間違ったようだ。

なるほど!わたしは下車した駅を間違えて、しかも間違えたことにすら気づかないまま、地下鉄を探していたわけなんですね!!!と確認すると、そうですね・・・。ということで、気をとりなおして、またおけいはんに乗ることにした。

「次は京橋です」というのは、ここは枚方です。次の駅は京橋です。みたいなアナウンスだったのだと思うんだけれど、枚方には今日は用事がなかったので、聞こえなかった。

Imgp1181

かなしいことに、切符で乗車していたため、420円を払っていたんだけど、さらに300円払う羽目になる。悔しいので、スルッと関西カードを買ってやった。

ちなみに所々で、SNSを使ったりして、イベントに行かれる方々と連絡を取っていたんだけれど、なにやってんねん・・・という、無言の声が聞こえてきた気がする。

玉造に到着して、そこから森下仁丹の本社ビルにいくんだけれど、ここでも間違った。
SNSで、某氏に、玉造を降りると、仁丹のおじさんの看板が見えているらしいという情報をもらい、ああ、わかりやすいんだ~。とおもって、おじさんを目指して歩いたんだけど、マジでネタかと思うくらいの間違いをしていた。はっきりいって、京橋で下りるはずが枚方でおりたということで、頭はパニック状態だ。しかも時間も予定より遅くなっちゃったし。ほんとペース乱れた。自分が悪いんだけど。

Imgp1185

腹立たしい。
ペースを乱しているので「ケンタッキーおじさん」の方角に歩いてしまった。赤だし2人いるしインパクトはある。
しかもわたしはひどいので、親切に情報を教えてくれた人と、ケンタッキーおじさんに「ややこしいやんけ!」と八辺りした。

普通なら間違えない。

やり場のない気持ちをどうしたらいいかわからなくなってきたので、ケンタッキーおじさんの写真を撮ってやった。
「仁丹おじさん」と「ケンタッキーおじさん」は私の中の「おじさん」ジャンルでもなじみのあるおじさんなので、普段なら区別できるけれど、おじさんつながりで勘違いしやすい。

ということで、森下仁丹のイベントに感動したので、なんこか感動したレポートを書きます。メインサイトとかは、ちゃんとしたのかきますね。

2009年2月 9日 (月)

なんだこれは?!

Imgp1122
赤い入れ物を発見した。
なにこれ?!ミンチ肉がぎっしりつまってるのか?!
と思った。

Imgp1123
どうやら植物のしわざ?らしい。


名刺を考え中2009年2月


Photo by iandeth

URAMAYU -裏まゆ-: ブロガー名刺50枚、無料で作成!
で、紹介されていたサービスを使ってみようと会員登録をしたのですが、なんだかFirefoxでは動作してくれる気配がありません。奮起してIEを久しぶりに使ったのですが、IEでも使えないような気配だったので、わたしは、諦めました…。くやしいなー゚゚(´O`)°゚

●Windows(Windows Vista/Windows XP/Windows 2000/Windows Server2003)をご利用の方
推奨ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 6.0以上(β版は除く)
(各ブラウザの設定条件として、cookieの使用を許可し、ActiveXとJavaScriptを有効にしてください)
フォレカ -植樹活動を進める名刺カード印刷サービス-

Amazonでお買い物した時も、名刺が安そうなチラシがはいっていましたが、気になりつつも結局見ていません。
あれはなんだったんでしょうね。
ココログは、ココログ x ブログカードというブログ名刺サービスがあるみたいです。

2009年2月 5日 (木)

娘と二人で外食

Imgp1010

娘とつきあいたてのカップルみたいなやりとりをしてます。
「おかーちゃん だいすきっheart02
「む、む、むすめ!!!好きだーheart02
ときには娘に、甘~~い接吻までkissmark いやん。

はっきりいって、夫さんともこんなやり取りはしたことがない気がするんですけど、そんな娘と外食したので、気分が良いです。まあ、そんなに豪華な外食じゃなくて近くのファミリーレストランですが、ムフフで、ウフフな甘いひと時でした。

ごめんなさい。のろけ話です!!!

そういえば!たまに
「おかーちゃんなんかきらいっ!」
と言われるんです。

(もう超しょっく~~!!!
娘に嫌われたよ(p´□`q)゜o。。
おかーちゃんは、心の中で号泣だよ!)

と思っていたんですが、
どうやら、もっとかまってくださいよーな、
「おかーちゃんなんかきらいっ!」
だったので、ときめきheart01ました。

そんな娘は「Yes!プリキュア5GoGo」の熱狂的なファンだったにもかかわらず、「フレッシュプリキュア!」がはじまったとたん、放送3日目にして「フレッシュプリキュア!」に寝返っています!
そんな娘を見ておかーちゃんはいろいろいろんな意味でちょっと不安です。

2009年2月 3日 (火)

とりあえずこのブログの読者の方が「ヤッタネ!」って言いたくなることを報告するからこの記事を読んだらいいと思う

Imgp0998
トイデジ衝動買いしちゃったよ…という記事を書いたんだけど、その中で、

届いて残念な気持ちになったら、この記事以降トイデジの話しは2度としないかもしれません。

と書いたんだけれど、ネタにするとブログの人気が急上昇しそうだと思ったからネタにしますよ。しかもかなりおいしいネタをもらってしまったので、連載したいくらいなんですけど、どう思います?
親切な人はアドバイスとかしてくれると嬉しんだけど、まあ暇があったらよろしくお願いします。

Imgp0997

購入したものの説明書。
まあ、読めないのは前からなんとなく気づいてた。
で、買った後に(もしかして?!)と思って、つい書いた一文がほんとになった。

Imgp1005

これを差し込むところが
とりあえず身近なところでみたことがないんYO!ヾ(*゚A`)ノ

ACアダプターですよね?これ。
ACアダプタ - Wikipedia

こんなワイルドな太さ・・・つまりハイパーオチンチンランキングとかに太さでランク付けするものがあれば、上位に食い込めるくらいの太さですけど、とりあえず、刺激を求めたい感じもしますが、いまのところはノーマルなのがホ・シ・イ・の・っ!って言いたい気分になりますよ。

もしくは

太いのチ・ョ・ウ・ダ・イッkissmark
なんて非日常的な刺激にどっぷりとはまるような若さあふれるエネルギッシュな感じがすでに遠い昔のことのように思える、俳句を嗜む静かな日々を送る私にとっては、過激すぎてチャレンジできません。でも無理やりつっこみたい気分も、まだわたしの心の奥底には残っているんですよっ!でもだめっ・・・。守るものがあるから…。
という常識的な観念を持ちあわせ繰り返される日常を懸命に守る保守的な思考回路から脱線することができない自分とそうじゃない自分に葛藤するわたしですが、無理やりにでもぶちこむことは、今日はできませんでした。
もしわたしが若かったら、ぶちこんでいたと思います。何が何でも。


ということで、また海外旅行のサイト見ないといけないじゃないか。
写真が撮れるのはいつのことになるんでしょう。

っていうか、これ以上私に「ネタ的」ものをふらないで!!!笑
現在「ネタパラダイス」で、ネタに追い付けなくて息切れしてるのに!
やばい…毎日がすごく楽しい…カモ

<トイカメラを売っている通販サイト>
camera ギズモショップ


関連記事:
トイデジ衝動買いしちゃったよ…

2009年2月 2日 (月)

たまにふとさみしくなること


Photo by Ahmed Rabea

先日ちょっとココロ社さんのことを書いたので、ふと思い出して、さみしいことがありまして。

わたしがココロ社さんで思い出す人と言えばまっしゅあっぷココロ社をつくったおっさんがいたんです。そろそろ復活してくれないかなあと思います。むしろ、すでに復活していたら誰か教えてください。


関連サイト:
アフィリエイトは儲かんないってば

Skype(スカイプ)を今更はじめる


Photo by Steven Parker
↑ こういう風に使うの?

なんとなく日記を書いたことがきっかけで、Skype(スカイプ)に興味を持ったんで、いれてみました。

Skype(スカイプ)というものがあるのはずっと知っていたのですが、チャットやメッセンジャー的ものにかなり熱狂的になりはまる可能性が高い気がしたので、今まで、というよりICQ以来使っていなかったのですが、なんとなく使ってみようという気分になりました。しかし、全く分からない世界でした。

音声でやり取りができるとかそういうことは知っていましたが、わたしはSkypeを使ってみんなが何がしたいと思っているのかが今のところ謎なんですが、なんとなくわかりましたわかった気分に浸ってます。

電話とメールで大体の要件はすむんじゃないかというけっこうアナログなタイプでしたがよく考えると、電話だと料金とかのこともあるし、メールだと時差的ものがある。その中間くらいの感覚で使えるものとしての選択肢ではあるような気がしました。そもそも携帯の番号も携帯のメールアドレスもネット関連ではほぼ使いませんね。

そして、みんなが何がしたいのかという点ですが、インターネットでわいやわいやと無駄話をするのに使っているのかと、思っていたのですが、そういうわけではなく、インターネットを通じて誰かと作業をすすめることができるツールのようです。まあ、わいやわいや目的にも使えて楽しそうです。

そういうのなら、何かをインストール必要のないGoogle トークなんかでもいい気もしましたが、なんかみんな使ってないっぽいので(っていうか使ってると教えてくれた人誰一人としていないよ)、スカイプをやってみることにしました。インストールは出来て、アカウントもあるんですが、その先はまったくどうしたらいいのか、どうやって検索したらいいかわからないレベルでなぞです。

わかるSkype―世界中の相手に無料で電話できる!Skype3.8対応 (I・O BOOKS)BookわかるSkype―世界中の相手に無料で電話できる!Skype3.8対応 (I・O BOOKS)

著者:本間 一
販売元:工学社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんか書籍とかもいっぱいあったんだけれど、書籍を買うほどではない気分です。むしろSkypeやってるひとが書籍を購入して読むくらいなのかも謎です。

関連サイト:
Skypeを最大限に活用 - 無料および格安料金でのインターネット通話
Google トーク


Photo by nedrichards
なんかきゅんとするじゃないか。

2009年2月 1日 (日)

トイデジってそもそも何よ?


Photo by kaidouminato
↑ 青いスメハチ初めてみたかも?!

トイデジ買ったんですが、そもそもトイデジって何よ?っていう話ですよね。
「トイカメラ」というのを知っていたら、トイデジも「ああ、そんな感じね。」とすぐニュアンスで認識できるはずなんですが、トイデジがいったいなんなのかは、実はごめんなさい、わたしはなぞです。

一眼レフとか高性能のデジカメとかが話題だったりしますが、そもそもわたしにそんな立派な道具があったとしても使いこなせないですし、使いこなそうと思ったらかなりイライラしないといけないというのがポイントです。でも、使うとイイモノができるのは保障されていると思うので、そういう安心感を求めて買うとか、写真で作品を作りたいだとか、仕事で使うとかならもちろんそういうものを選ぶのが得策だと思われます。

しかし、なぜ、トイカメラ?この記事では「トイデジ」がいいのかということなんですが、良さに関してはニュアンスだけでしか伝えることはできません。「トイデジイイよね。」これがおそらく共通感覚であり、どこか感覚で共有する概念があるのがトイデジかなと思っています。イイよね。これがなんとなくわかる人にはトイデジの許容範囲があるはずです。

「確実にこの瞬間をこういう風に残しておきたい」と思って撮影する際にはトイデジは不向きで、「どんな写真になっても別にいいや。むしろヘンなことになっていたほうが嬉しい」という気分の時に使えます。トイデジで撮影したのに、ちゃんととれちゃった。これは残念な感覚です。確実にトイデジ体質になってます。

私が使っていたのはトイカメラでフィルムを現像して楽しんでいましたが、カメラはトイカメラしか持っていなかったため、莫大な現像代を使いかなりの枚数を現像して、どういう環境でどういうものがとれるというのを莫大な現像代と引き換えに会得したので普通のカメラとしても使うことができていました。

トイデジになると記録はデータ形式になるので、莫大な現像代というツケがない分リスクは少なそうです。

わたしがトイデジを知ったのはごく最近で、知ったきっかけがこの記事。
[N] トイデジカメ「VQ1005」が楽しそう!

いろいろなサイトにトイデジで撮影した写真があり、参考にはなると思うのですが、おそらくいい感じに撮影できた、トイデジっぽい写真がピックアップされていると思うので、実際にはけっこう普通だった。とか、ひどすぎる…というものもあるのかもしれません。なので、誰しもそんな写真が撮れると思って過度の期待をしてはいけないのもポイントかもしれません。が、おそらくそれなりにトイデジってるものは撮影できるのだろうと私は今期待してるんですけど、実際に撮影してみないとわからないですね。

こちらのサイトでいい感じに説明されています。
トイデジとは?
Lomoトイデジ | 週刊アスキーファン

<トイカメラを売っている通販サイト>
camera ギズモショップ

4歳の娘にお風呂で1週間くらいかけて教えたこと


Photo by Big Ben(Gaijin Bikers)
↑ 開放的だなあ。

今月から新しいプリキュアが始まりましたね。「Yes!プリキュア5GoGo」というわけのわからないタイトルから「フレッシュプリキュア!」というわかりやすいタイトルになって、プリキュアも3人になってました。娘は朝からテンションがものすごく高かったです。始まる前にホームページを二人でチェックしてました。
参照:朝日放送 | フレッシュプリキュア!

娘はもうすぐ5歳ですが、プリキュアが大好きで、お風呂で使うシャンプーもプリキュアのシャンプーを使っていました。シャンプーとリンスが一緒になっているもので、頭を洗う時間が短くてすむんですが、最近彼女はおしゃれに目覚めて、NEWSのテレビコマーシャルが今流れてるコーセーのHAPPY BATH DAY Precious Rose(ハッピーバスデイ プレシャスローズ)を使っています。これもバラがテーマの商品なのでおそらくプリキュアの影響で使っているのだと思います。

で、シャンプーとコンディショナーが別になっているものを使い始めたのはいいんですが、頭を洗うたびに娘に
おかーちゃん!どっち!?
と、どちらがシャンプーなのか聞かれるので、こっちだよ。とシャンプーを渡していたのですが、毎日「どっち?!」と聞かれるので、だんだんわたしもめんどうくさくなってきました。むしろ、娘は最近字を書き始めましたが読むことはまだできないので、字が読めるようになるまで、毎日シャンプーを渡さないといけないかと思うと気が遠くなって、軽くめまいがしそうになったので、私は考えました。むしろ娘のこれからの人生についてもほんのりと本気出して考えちゃったかもしれません。

さて。
シャンプーとリンス(コンディショナー)は、通常、色が違っていたりして色で判断できるものもあります。しかしメーカーの「このシリーズ」となると、シャンプーとリンスだからと言って全く違うデザインのものは珍しく、色が違っていたりするだけでデザインは統一されています。なので、「赤色のほうだよ!」なんて教えても、違うメーカーの商品を使うようになった場合、もしくは家以外でシャンプーを使う場合、わからないということになります。
実際娘が使っている、HAPPY BATH DAYのパッケージデザインも、シャンプーとコンディショナーを見た目だけですぐに判断できるようなデザインではないので、「色が薄いほう!」とか言ってもダメそうです。

だから、どういうのがよいかなあ・・・と考えた結果、
娘に「どっち?!」と聞かれたら、
ギザギザついてるほう!
ということにしました。

シャンプーにギザギザというか、目をとじていても、シャンプーだとわかるようにデザインされたパッケージの配慮というのは浸透していると思うので、けっこうどこでも使えるはずだということで、これを1週間かけて教えました。

とりあえず娘は「ええっとギザギザ・・・」といってギザギザのついているボトルを選んで
「おかーちゃん!こっちでいーの?」
と聞いていましたが、今ではほおっておいても自分でシャンプーを選んで使っています。

もし私がめんどうくさがり屋ではなければ、わたしはどれだけ長い間「娘にシャンプーを選んであげる」ということをしていたのでしょうか。考えるとめんどうくさいですね。

娘は教えてあげると自分でやってくれることが多くて教えがいもあり、できたことを喜べる楽しさもあるので、いいですね。しかし夫さんになると、そもそも覚える気がない、覚えようとしない姿勢でいるので、ちょっとのこともをできるようになるまで娘よりも莫大な時間がかかるので、かなりの根気が必要だなあと思ったりしたのでした。

母親なので、子どもに何かしてあげたいと思う気持ちはあるんですが、そもそもめんどくさがりなので、何でも私がやってあげる!という気分になりにくく、できれば自分のことは自分でやってほしいと思うので、育児に関しては何かしてあげたいから、なんでもやってあげるようことには楽しみは見出せなくて、生活の知恵を教えて自分でできるようになるまで手助けしてできるようになるのを観察するのが楽しいです。

少しずつ家事を教えて、最終的には料理を作ってくれるようになるとか、家事の手伝いをまかせられるくらいになるというのが私の楽しみです。

ただ、小さいうちにあまりにも何でもかんでも自分でやらせようとすると、たぶん子どもは悲しい気持ちになって、トラウマとかになっちゃったり、愛情不足を感じたまま大人になったりするかもしれないので、そういう点は配慮したいと思っていますが、大丈夫かしら・・・。どのくらいの程度がベストなのかそういうバランスを見極めるのがなかなかむずかしいですね。

続きを読む "4歳の娘にお風呂で1週間くらいかけて教えたこと" »

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »