フォト

おしらせ

  • おしらせ
    2011年12月でこのブログの更新は終了しました。
    2012年からは新しいブログで更新を続けているので、そちらのブログでお会いしましょう!
    Twitter

運営サイト

  • RouxRil
    2007年から運営しているサイトです。日々の暮らしの様子を綴っています。モノ・コト・キモチを記録しているレビューサイトでもあります。家族旅行の記録、京都の話題、私が好きなコスメの話題などを書いています。

このブログについて

« ブログパーツログールを試験設置中。→やっぱ削除 | トップページ | 江戸川乱歩傑作選 とかの周辺 »

2008年5月26日 (月)

わたしのキーワードは「独創性」と「独自性」 続編

わたしのキーワードは「独創性」と「独自性」の続編です。
というかこの考えを持った、というよりかなり影響を受けた記事があったのですが、記事を書いたとき見つけられず、その後探していたらやっと見つけることができた(といいつつ実は偶然だったりするかもしれない)のでという続編。

Mitsue-Links (ミツエーリンクス)という有名な会社がありますが、そこのコラムをかなり長い年月読んでいて、今はGoogleリーダーで購読していますが、最近たまたま「多様化していくWebアクセシビリティ」というのを見ていて読んだ後、バックナンバーを見ていました。こちらのコラムはかなり面白くて何度読んでも新しい発見があるので良く読み返しているのですが、もう一度新しいものから順番に読んでいました。
途中で飽きてきて、古いものから読んでいたらこんな記事発見。

企業の「独自性」を見出すヒント(1)

これですよ。たぶんこれ。これ学生時代の時に読んだのか、読み返してる時に読んだのか忘れたんですが、たぶんこれはかなり前に読んでいて、こちらのコラムのどの記事にも影響は読んだ後少なからず受けていますが、以前書いた記事の内容に大きく影響を受けている記事がたぶんこれだったと思うんです。

当時私は落語にちょっと興味を持っていて、この記事が面白く思えたのですが、「企業における独自性の把握が重要だ」ということに関して

落語の世界に「守・破・離」という言葉があると言われます。一流の落語家にはこのプロセスを踏まないと絶対になれないともいわれます。
企業の「独自性」を見出すヒント(1)
という感じで解説されています。
いま読むとちょっと解釈できないのですが、当時は落語に興味を持っていたので(授業で触れていたから)よくわかったんでしょうね。これを読んで、ああ、なるほどなあ。と勝手に納得し、このままでいいや。そしてこれからは・・・。と、変わった時期がありました。

偶然こういうことを考えていたとき、またこの記事を理解できる時期に、これを読んだのがわたしにとってとてもラッキーなことだったので、とても喜んでいて今でもその時の喜びは覚えているのですが・・・、さてさて。今後はどうやってつくりあげていくか、というのが今後の目標なのです。常に新しいものに出会いながら、時には過去を振り返ってみるのも大事だなあとも思ったりしました。

CSS Zen Garden Book―Webデザインのベストプラクティスに学ぶ、CSSクリエイティブ・テクニック (Web Designing BOOKS)BookCSS Zen Garden Book―Webデザインのベストプラクティスに学ぶ、CSSクリエイティブ・テクニック (Web Designing BOOKS)

著者:ミツエーリンクス,Dave Shea,Molly E. Holzschlag
販売元:毎日コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ブログパーツログールを試験設置中。→やっぱ削除 | トップページ | 江戸川乱歩傑作選 とかの周辺 »

【も】目標や夢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。